海猫亭日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 自分の直感をどれだけ信じられるか?

<<   作成日時 : 2011/09/14 22:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

自分の直感を信じろ、とはよく言われることですが、これがなかなか難しいのですよね。

微妙な違和感やひっかかりを感じて「あれ?」と思った後、「何かあったら連絡ある筈だし」「まあ、そこまでする必要はないかもしれないし」と、そのひっかかりを否定して、後で後悔するということがけっこうあります。

どうしても買い漏らしたくない雑誌があったので、店頭で売りきれていると困ると思ってネット書店に注文を出しておいたのです。

私はamazonを利用する時は、amazonでなければ手に入らないかamazonの方が安いかのどちらかなので、欲しい雑誌はその二つに該当しなかったので、これならいいか、と別のネットショップに発注しておいたのです。

発注後、よく行く書店に欲しかった雑誌が入荷いているのを見かけて、なんだネットで注文する必要はなかったな、と思ったのですが他に買いたい本もあって(そちらは近場の書店では見かけたことがなかった)、一緒に注文していたので、まあ、いいか店頭に並んでいるということは注文しておいた方もすぐ届くだろう。
そう考えていたのです。

実際、ネットショップからの荷物はすぐに届きました。本の方だけ。

この時点でなんで一緒に配送されなかったのだろう?と疑問がわいたのですが、もし在庫切れなら在庫切れ連絡が届く筈だし、本と雑誌では配送センターが違うかもしれない。なら別配送でも仕方ないかな、そう思ってしまったのです。

さすがに本が届いてから2,3日たっても雑誌が届かないとなると少々気になったのですが、ショップからの連絡もなかったし、夏休み前でバタバタしていたので、遅くとも帰省中には届くだろう、と思ってしまったのです。

考えが甘かったわ。まさか雑誌発売から2週間もたって書店巡りしても見つけられるかどうか判らない頃になってから注文キャンセルの連絡が入るとは思いませんでした。
在庫なしで注文をキャンセルするのならもっと早く連絡をくれればいいのに。
こういうことが起きないようにネット発注したのに、ネット発注したことによって手に入れられなくなるとは皮肉なものですね。

あれ?と思った時だったら、まだ店頭で見つけられたから買いそびれることはなかったのに。

この間の地震の時に、避難所まで避難していらけれぢ、これは何か違うと直感に従ってさらに高台に避難したおかげで難を逃れたり、通常の避難ルートではなく別のルートを選択したおかげで助かった人がいましたね。

あれ?と勘が違和感を伝えた時に
「そこまでする必要があるかな?」
「もし何もなかったら無駄になるよね」
と、理性に足を引っ張られないようにするには、勘が伝えた違和感にのって、何故違和感を覚えたのか考える。
違和感の原因が判ったら、そこから予想できる最悪の自体を思い浮かべて、自分がその時どんな感情を持つだろうかと想像し、その感情をめ一杯味わう。
そのうえで、さて、どうしようか?と考えればあまり失敗しないような気がします。

勘を真信じて行動したことによって起こる無駄と、その無駄について思うであろう感情を比べ、どちらの方がより大きくて、より嫌なのかを比較したうえで、その後取るべき行動を決める、というやり方を取るのが無難かもしれません。

まずは感情を味わい、それから理性に決めさせる。そうすれば勘に無駄足を踏ませずにすむかもしれませんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自分の直感をどれだけ信じられるか? 海猫亭日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる