海猫亭日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 和田慎二さんが亡くなられたそうです。

<<   作成日時 : 2011/07/10 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

和田慎二さんが亡くなられたそうです。享年61歳、若いなあ。
手塚治虫さんと同じように生涯現役のまま逝かれてしまいました。今の連載けっこう好きだったのに未完のままで終わってしまうのですね。

先日、三原順70年代傑作選を読み返していたのですが、あれ解説が和田さんなんですよね。
三原さんの訃報を受けて同じ雑誌から、ほぼ同時期デビューした和田さんが文庫の解説を書いたのかな、と思うのですが
「私は彼女のファンだった」
と、早すぎる三原さんの死を悼んでいた和田さんも今はいない人なんですね。二人とも生き急ぎ過ぎるわ。

和田さんは、That's Entertainment という印象の方でした。

サスペンスあり、ホラーあり、ミステリ、アクション、ファンタジーどれを描かせても面白かったなあ。

スケ番刑事やピグマリオが有名ですけど短編も傑作揃いでしたね。「呪われた孤島」「左の眼の悪霊」「朱雀の紋章」どれも夢中になって読みました。

怖いけど、読みたい!というアンビバレンツを植え付けるのが上手い人でハラハラドキドキしながらページをめくったものでした。

しかも和田さん、スト―リーの為なら容赦なく人を殺すし。
「ピグマリオ」の中で綺麗なお姫様が悪いことをなんにもしていないのに顔を奪われて殺されるとこなんて読んでいてガクガクしました。
妖魔がお姫さまになり替わる為にしたことだから必然性はあるんだけど、なにも顔を剥がれた死骸をわざわざ描かなくてもいいんじゃないか、と。
そりゃ、ああいう殺され方をしたら姉を殺された妹姫が仇を討とうと必死になって妖魔に立ち向かうのも無理はないな、と思いましたが。

震災もありましたが、今年は惜しい人が次々亡くなる年で、ベルサイユのバラのアニメを監督された出崎さんも亡くなられたそうですね。

その時も若いなあ、と思いましたが和田さんは更に若いですものね。

出崎さんは男を描くのが上手い分、女を描くのが下手だという印象があるのですが、その点和田さんは最後まで現役少女漫画家でいただけあって女性を描くのが上手かった気がします。

ピグマリオのメデューサ様といい、神に背を向けた男(これは原作ですが)のさえこ様といい女心を鷲掴みにする悪役が上手かった。
(そして可愛い女の子を描くのも上手くて、私のアリス好きの原点はこの方の描くアリスリデルかと。たぶん福音館から出ているものより、こっちを先に読んだんじゃないかな)

ありえないことですが、女を描くのが下手な出崎さんにスケ番刑事をアニメ化して欲しかったです。あの人だったらサキとレミの対決をどう描いたのかしら?

スケールの大きさといいい華やかさといいレミ様は和田さんの作品の中でも屈指の悪役でしたね。(まあ、原作クラッシャーの異名を持つ出崎さんに自分の作品を大事にする和田さんがアニメ化を許すとは思わないけど)

スケ番刑事といえばサキのお母さんが強烈でしたね。あのサキがどうして母親に逆らえないのか簡単に納得出来てしまう少女漫画界きっての毒親。

毒親という概念が解からない人に納得してもらうには言葉で説明するよりもスケ番刑事全巻読ませる方がよほど早いんじゃないかと思いましたよ。

母性も父性も描くのが上手い人でしたが、その負の側面を描くのも非常に上手い方でした。
光の母と闇の母というピクマリオのテーマも秀逸だったなあ。あれ文庫化されていないんですよね。

作者の意向でそうなっているそうですが、だったら新書サイズでいいから、どこか出してくれないかしら?あれは今の小学生にも読ませたい名作なのに。

復刊ドットコムが軌道にのったのは三原順作品を復刊させようというファンの行動が大きく影響しているそうですが、だったら和田さんもファンの動きで和田慎二全集が出ないかしら?

出たら狂喜乱舞する人がきっと大勢いるのに。出版不況と言われて久しいんだから、出版社さんも宝の山を見逃すことはないのにね。


スケバン刑事 (1) (MFコミックス)
メディアファクトリー
和田 慎二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スケバン刑事 (1) (MFコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



ピグマリオ (1) (MFコミックス)
メディアファクトリー
和田 慎二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ピグマリオ (1) (MFコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



神に背を向けた男 (1) (白泉社文庫)
白泉社
浜田 翔子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 神に背を向けた男 (1) (白泉社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


左の眼の悪霊 (花とゆめCOMICS 和田慎二傑作集)
白泉社
和田 慎二

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 左の眼の悪霊 (花とゆめCOMICS 和田慎二傑作集) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
和田慎二さんが亡くなられたそうです。 海猫亭日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる