海猫亭日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS 2100年 人口3分の1の日本 鬼頭 宏

<<   作成日時 : 2012/04/07 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

歴史人口学者がデータ―をもとに人口減から予想される未来図を語っている本ですが、現在の少子化が30年前の政策の結果だとは目から鱗でした。
そうですよね、海外移民を推奨してまで政府は日本の人口を減らしたかったのでしたっけ。

先日、中国が将来に備えて一人っ子政策の転換を図っているというニュースを目にしましたが、なんだかんだいって中国の政治家って有能なんでしょうね。(その代わりかなりあくどそうけど)気を見るに敏感というか、もうこれはいらないな、と思ったら政策をあっさり変える。

本当に日本は方向転換が下手ですね。その時は有効な政策でも状況が変わったら、有効ではなく有害な政策になってしまう、ということは多々あるというのに、このままの状況では手遅れになるかもしれないということが広く国民に認識されはじめてから騒ぎ立てる。

もっと早く始めれば、方向転換にかかる負荷はもっと少なかった筈なのに一度決めたら、ずっと同じ方向に走り続ける。簡単に方向転換ができない。
日本の悪いところですね。

もっともこの本はだから日本の未来は暗いと語っているのではなくて、人口の増加や減少は何故起こるのか?

過去の歴史を紐解き、人口減少時代と人口増加時代のそれぞれの理由を語り、これから起こりうること、これから起こって欲しくないことの為に何をすればいいのかを未来予想図を提示させてくれるので、なかなか興味深いです。

予想図はあくまで予想図ですからね。予想図をどう現実に活かすのかが、これからの私達にかかってくるのでしょうね。


2100年、人口3分の1の日本 (メディアファクトリー新書)
メディアファクトリー
鬼頭 宏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 2100年、人口3分の1の日本 (メディアファクトリー新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2100年 人口3分の1の日本 鬼頭 宏 海猫亭日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる