海猫亭日誌

アクセスカウンタ

zoom RSS ヘッテルとフエテール マネー・ヘッタ・チャン

<<   作成日時 : 2011/05/19 23:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

風刺物というのは書き手のユーモアセンスの高さによって出来不出来が左右されるのだな、としみじみ思いました。

ユーモアセンスのある人が話すと、どんな辛辣な内容でも皮肉の効いたエスプリや思わず拍手したくなるブラックジョークになるものが、ユーモアセンスのない人が話すとただの嫌味や当てこすりにしかならない。

著書は投資家としては成功した人なんでしょうが、投資家としての能力と作家としての能力は別ものですものね。
こんな事実を名称変えただけの話のどこにユーモアのセンスがあるのでしょう?小学生が作る替え歌だってもう少しはセンスがあるでしょうに。

ユーモアセンスのない人は本人はひねりの効いたジョークを言ったつもりが、聞いている方からすると悪意たっぷりの嫌味や当てこすりにしか思えない、そんな内容な本でした。

風刺で啓蒙するつもりなら、もう少し話にひねりが欲しいなあ。口直しに落語CDでも聞こうかしら?ついそんなことを思ってしまいました

ヘッテルとフエーテル
楽天ブックス
本当に残酷なマネー版グリム童話 マネー・ヘッタ・チャン 経済界発行年月:2009年12月 ページ数:


楽天市場 by ヘッテルとフエーテル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヘッテルとフエテール マネー・ヘッタ・チャン 海猫亭日誌/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる